【match】プランド・ハプンスタンス・セオリー(計画的偶発性理論)

慶應義塾大学 総合政策学部 教授
SFC 研究所 キャリアリソースラボラトリー 代表 
花田光世氏がリクルートマネジメントソリューションズ発行の
「RMS Message」2014年2月号「キャリア自律の過去・現在・未来」にて、
スタンフォード大学のクランボルツ博士の
「プランドハプンスタンス(計画的偶発性理論)」について
下記のように書かれています。

 

「個人のキャリアの 8 割は予想しない偶発的なことによって決定される」
〜中略〜
「こうなりたい」と願ったら、それに向かって 綿密な計画を立てて進んでいくのが
これまでのキャリアデザインのあり方だったとしたら、
「こうなりたい」という思いを 1 つのきっかけにして、
まず動いてみるのがプランドハプンスタンスの第一段階の考え だ。

動いた結果、何が起こるか分からないし、予測することは難しい。
動いた結果、予測できなかった展開が生まれることはしばしばである。
それがハプンスタンスの第二段階。

自分が起こした能動的な一歩の踏み出しとその結果に対して自分の心をオープンにし、
結果を受け止め、それを活用し、次の行動につなげることが
プランドハプンスタンスのもう 1 つの重要なポイントであると私は考えている。

私自身もクランボルツ博士のこちらの理論は、
体験としても納得感はありますし、
クライアントさんのキャリアを見ていても実感があります。

そして現在のキャリア・プランニングにおいては、
従来のキャリアデザインとの違いとして、
この理論はよく語られるところであります。

強いて付け加えるとすると、
ハプンスタンス(偶然)を、予測できないことを
「楽しめる」ことが大事だと感じます。

自分で選べないことほど、
自分では引き起こせないことほど、
起きた時に、その自体を面白がれるかどうか。
新しい未来につながっていると感じられるかどうか。
新しい価値観との出会い、未知との遭遇を
新鮮に感じられるかどうか。

そのために、起きた出来事に対して
能動的に捉えていくことも
キャリアプランニングをする上でとても大事であると考えます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中