【option】新しい時代の情報収集の仕方

私が就職活動をしていた1995年は、
企業にハガキを書いて資料請求をする時代でした。

インターネットがまだまだ普及しておらず、
資料請求をして企業から会社案内を送ってもらったり、
大学の就職課に張り出されている求人を見ながら、
就職課でファイリングされているOBの情報などを見て
情報収集をする時代。

OB訪問をして、同じ学校出身の先輩が働く企業へ
会いに行き、先輩からその会社の話を聞くなどして
情報を集めるのです。

会社説明会のエントリーは、公衆電話に並んで
電話を一斉にかけるので、テレホンカードが大事でした。

その後、インターネットが普及して、
「リクナビ」などの求人検索できるwebサイトができ、
企業へのエントリーがインタネット上で行えるようになり、
誰でも企業の情報にアクセスできるようになりました。
企業側も学生への動機付けで様々な情報を公開するようになり
情報収集の仕方は大きく変わりました。

そして昨今は、Blog、ソーシャルメディアの普及、
企業が当たり前のようにwebサイトを持つようになり、
企業や、そこで働く人の情報まで、あらゆるところから
入手できるようになりました。

ベンチャーの経営者がどんなキャリアを積んできたのか、
希望している企業で働く方々はどんな仕事をしているのか、
どんな社風なのか、様々なことが見られるような時代です。

私のところにもFacebookなどを通じて、
会って話を聞きたいという学生さんがいます。
古巣のリクルートやソフトバンクの情報を聞きたい方が
情報収集にメッセージをくれます。
自由に連絡が取れる時代です。

企業で働きながら書籍を出す方もいらっしゃるので
本から情報を収集することも可能ですし、
セミナーや講演会などを聞きにいくなどもできます。

社会人と学生の対話会などが開かれたり、
出会いの場は、圧倒的に増えています。

就活のマニュアル本を読み漁るより、
Blogやソーシャルメディアなどで情報収集をし、
社会人に直接会いに行き、話を聞くことをお勧めします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中